理事長先生のお話

2022年04月13日(水)令和4年度  1学期の言葉


令和4年度 1学期の言葉

【自分はだめだなぁと思うのは、悪いことじゃない】

お釈迦様のおしえ

『愚かな人が、自分を愚かだと考えるなら、その人は賢者(かしこい人)なのです』

 例えば、プーチン大統領は、絶対に自分を愚か者とは思わないですね。

あれだけ ひどい戦争をしていて、向こうが悪いというのが、大統領だと

いう事に驚きます。

〇例えば、賢い人が、頭が良いというところを見せれば、不愉快な感じに

なり、尊敬しにくいですね。

〇例えば、自分が劣っていると思っている人が、園児さんや生徒さんの場合、

幼稚園や学校に入学してどんな子になるでしょうか。

たぶん、今の時代は、落ち込む子が多いのではないでしょうか。

小さいお子さんの保護者なら、どうでしょう。

他の子より、劣っている我が子を目にすると、お子さんに

”頑張って” ”頑張って”と言う方もあり、落ち込む方もあると考えられますね。

”頑張って”をしょっちゅう言われるのは、お子さんにとっては、つらいですね。

特に、1学期の4月は、みんなよりすこし劣っていてもそれを素直に

受け止め、あまり急がない方が良いのが、1学期の初め頃なのかと思います。

関連記事

  • 2022年09月02日(金)

    2学期の言葉

  • 2022年07月13日(水)

    未就園児の方へ「親子夏祭り」のお誘い

  • 2022年04月13日(水)

    令和4年度  1学期の言葉